GoogleMapsの履歴はずっと残る?削除する方法とは?

IT道具箱

目的地までのルート確認やカーナビの代用として、また待ち合わせに便利な現在地共有機能など、GoogleMapsを日常的に利用している人も多いでしょう。

Googleマップはログインせずに使うこともできますが、ログインすることでこちらの行動を記憶してくれるので、以前行った場所にまた行きたい時など、一から検索する必要もなくさらに便利に利用できます。

この記事では、検索や行動の履歴を確認する方法と、それが気になる場合に削除する方法を画像つきで解説します。

この記事で分かること

  • GoogleMapsに残る履歴の種類
  • GoogleMapsに残る履歴を確認する方法
  • GoogleMapsの履歴を削除する方法

GoogleMapsの履歴には2種類ある

GoogleMapsの履歴には「検索履歴」と「ロケーション履歴」があります。それぞれについて簡単に説明します。

GoogleMapsの検索履歴とは?

Googleマップの検索履歴とは、上の画像のように、GoogleMapsで場所を検索した際の記録が残る機能です。左の画像の赤枠部分、検索窓をタップして入力画面に遷移すると、右の画像のように下の方にこれまでの検索履歴が表示されます。

実際に行ったことがない場所でも、検索した場所がすべて履歴として残ります。また口コミを投稿した場所や誰かと共有した場所の履歴も残ります。

ただし、検索履歴は端末ではなくGoogleアカウントに保存されるので、ログインしていない場合は履歴は表示されません。

GoogleMapsのロケーション履歴とは?

一方のロケーション履歴とは、実際に訪れた場所の日時や滞在時間、移動距離などの行動履歴です。ロケーション履歴もGoogleアカウントにログインしていることが表示の条件です。ログインしていなければ履歴は表示されません。

また履歴を残すためには、事前に設定で以下の2つがオンになっている必要があります。

  • ロケーション履歴
  • 位置情報サービス

ロケーション履歴は、Googleマップの設定(アカウントマークをタップして選択)から「個人的なコンテンツ」を選び、「ロケーション履歴がオフ」のタブをタップして有効にします。

位置情報サービスは、端末の設定で許可する必要があります。iPhoneであれば、「設定」から「プライバシー」と進み、「位置情報サービス」をタップし、アプリがずらっと表示されますのでGoogleマップを選んで許可します。

GoogleMap履歴削除の方法

それではさっそく、GoogleMapsの履歴を削除する方法をご紹介します。

検索履歴の削除

【検索履歴を個別に削除したい場合】

最初の画面に戻って、プロフィール写真やイニシャルをタップした後、設定をタップしてください。

設定をタップしたら①の画面になりますので、「マップの履歴」をタップしてください。すると、②の検索履歴が出てきますので、削除したいものの右上にある「×」をタップすると③のように履歴が削除されます。

【履歴を全て削除する、期間を指定して削除したい場合】

最初の画面に戻ってプロフィール写真やイニシャルをタップすると、①の画面になりますので、「Googleアカウント」をタップしてください。②の画面で「データとカスタマイズを管理」をタップすると、③の画面になりますので、「アクティビティ管理を行う」をタップします。

「アクティビティ管理を行う」をタップすると、①の画面になります。1をタップした後、2「アクティビティを削除する基準」をタップしてください。すると、②の画面になりますので、3「全期間」か、4「指定の期間」のどちらかをタップします。「指定の期間」をタップした場合は削除したい期間を指定してください。③の画面で、5「マップ」に✔︎を入れて、
6「次へ」をタップしてください。

「次のアクティビティの削除の確認」という画面になりますので、「削除」をタップすると、削除が完了します。

ロケーション履歴の削除

最初の画面に戻って、プロフィール写真やイニシャルをタップすると①の画面になりますので、「設定」をタップしてください。②の画面では、「個人的なコンテンツ」をタップします。すると③の画面になるので、「指定期間のロケーション履歴の削除」や「ロケーション履歴をすべて削除」を選ぶと履歴の削除ができます。

また、「ロケーション履歴の自動削除」を有効にしておくと手動で削除する必要がありません。普段は履歴を残したくないけど、手動で履歴を残したい時などはこの設定にしておくと良いでしょう。

検索履歴を残さずにマップを使いたい場合

検索履歴をわざわざ手動で削除するのが面倒という場合は、最初から履歴を残さずにGoogleMapsを利用する方法があります。

ひとつは、GoogleアカウントにログインしないでGoogleMapsを使用する方法です。最初の画面からプロフィール写真やイニシャルをタップした後、①をタップしてください。右の画面で 、②「アカウントなしでマップを使用」をタップすると、検索履歴が残りません。
しかしこの方法だと、現在地を共有したり、タイムラインなどの機能が制限されてしまいます。

もうひとつは、ログインしたまま検索履歴を残さないようにする方法です。①の画面で「Googleアカウント」をタップして、②「プライバシーとカスタマイズ」をタップします。
③「ウェブとアプリのアクティビティ」をタップして「一時停止」に設定してください。これで検索履歴が残りません。現在地の共有やタイムライン機能は有効です。

まとめ

今回は、GoogleMapsの履歴削除についてご紹介しました。削除と言っても、個別削除、指定期間の削除、全て削除する方法が選べます。この機能を知っていれば、GoogleMapsがより便利になりますので、ぜひ活用してみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました