Google Maps ストリートビューの見方 スマホで簡単!基本操作も解説

IT道具箱

Googleマップのストリートビューは、地図上の衛星画像を自由に動かしながら見ることのできる機能です。

Googleマップ ストリートビューが役立つシーン

・ルート検索だけでは道順がわかりづらい場合に、実際の風景を見て確認する

・込み入った場所で目当ての建物などを事前に確認しておく

・世界中の珍しい場所、観光名所、知っている場所などを見て楽しむ

それでは具体的に使い方を確認していきましょう。

Googleマップ ストリートビューを見るには?

Googleマップストリートビューの表示方法は2つあります。

Googleマップ ストリートビューに地図上から切り替える

検索や指での移動によって、ストリートビューを確認したい場所を表示します。

どこでもいいので地図上をタップすると、左下に衛星画像と360度のマークが表示されますので、これをタップします。

現地に到着します。

Googleマップ ストリートビューをメニューから表示させる

Googleマップのストリートビューをメニューから表示することもできます。

画面右上のメニューボタンをタップ。表示されたメニューの中から「ストリートビュー」をタップします。

下図のような表示に切り替わります。

青緑の線が、ストリートビューで見ることができる、ストリートビュー対応の道路を意味します。

コンコルド広場から凱旋門に向かうシャンゼリゼ通りをタップします。

ストリートビューが表示されます。

青緑の線が入っていない道路はストリートビュー非対応で見ることができません。

Googleマップ ストリートビューの終わらせ方

Googleマップ ストリートビューの表示を終わらせたい時は、先ほどの画面の左上、左向きの矢印が戻るボタンですので、こちらをタップして前の画面に戻ります。

ストリートビューをメニューから表示させた場合は、下の画像の画面に戻りますので、もう一度メニューを開いてストリートビューをタップして選択を解除すると、通常のGoogleマップの表示に戻ります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: teppen220429005-690x1024.jpeg

Googleマップ ストリートビューの画面の見方と操作方法

ストリートビューの画面は自分で操作して自由に動かすことができます。その方法を具体的に見ていきましょう。

Googleマップ ストリートビュー 全画面表示の切り替え

Googleマップのストリートビューを全画面で表示したい時と、周辺の地図と半画面ずつで表示したい時、どちらかの切り替えは下の画像の「全画面」「全画面解除」のボタンをタップすることで切り替え可能です。

Googleマップ ストリートビューの画面上で移動する方法

Googleマップ ストリートビューの画面では、基本的に道路上を移動することになります。道を外れることはできません。

周囲を見回したい時は、スワイプ(こするように指を動かす)によって360度回転して見ることができます。

上の画像のシャンゼリゼ通りを凱旋門に向かって実際に進んでみます。

まずはスワイプによって左に向きを変えます。

前方に凱旋門が見えました。近くに見えますが、実際に歩くと結構距離があります。

余談ですが、筆者は98年W杯フランス大会の決勝の直後、優勝を喜ぶフランス人たちと凱旋門まで行進したことがあります。

さて、場所を移動したい時は、赤枠の部分、画面上に表示される前後の矢印をタップして進んだり戻ったりできます。

しばらく進みます。矢印のタップがまどろっこしい時は、前方の任意の場所をダブルタップすることで大きく移動することができます。

だいぶ近づいてきました。

少しよそ見をしてみます。

防護服姿の人物が歩いています。1年前(2021年4月)の画像なので、コロナが猛威をふるっていた時期でしょうか。

さらに右に目をむけると、歩道でスケボーをしている人物がいます。様子を見る限りお世辞にも上手とは言いがたいようです。転んだり人にぶつかったりしていなければいいですが。

とこんな感じで、Googleマップのストリートビューでは、途中で道草を食って遊ぶなんてこともできます。思いがけない発見などもあってなかなか面白いですよ。

凱旋門に到着しました!

かっこいいですね。天気も良くて良かった。

Googleマップ ストリートビューでインドアビューも見れる

パリ北駅に移動しました。

階層情報が表示される施設では、建物内部のビューも見ることができます。

地下2階に下りてみましょう。

こんな感じで鮮明に表示されます。

事前に施設内のルートもチェックしておけば、当日迷う心配もなくなりますね。どんな雰囲気か把握しておくことで、キョロキョロせずロコ感を出すこともできます。

ストリートビューの専用アプリ

行き先のちょっとした確認などでストリートビューを見る程度であればGoogleマップのストリートビュー機能で十分ですが、ストリートビューを思い切り使いこなしたい場合はそれ専用のアプリを使ってみるのもいいでしょう。

特に昨今はコロナの影響で海外旅行も控えている人も多いでしょうから、ストリービューで世界中の名所や観光地などを旅して回るのもおすすめです。

大人はもちろんですが、好奇心旺盛な子供にも、リアルな地球儀として世界を知る良いきっかけになるでしょう。

アプリストアで「ストリートビュー」と検索すると、本家Googleのものから、サードパーティー製のものまでたくさん出てきます。初めはGoogleのもので試して、相性の良いものを探してみてください。

ストリートビューの仕組みを知ろう

世界中の道路の画像を見れるストリートビューですが、いったいどういう仕組みなのかと疑問に思った方もいらっしゃるでしょう。

ストリートビューがその名の通り道路の様子を画像で見れる機能であることからも分かる通り、ストリートビューの撮影は特殊なカメラを搭載した専用の車を実際に走らせて撮影しています。

15個のレンズで全方位360度の写真を撮影し、また車から位置情報を発信することで画像と位置を正確に合わせることができるそうです。

インドアビューなど施設内の撮影は手押し車で行っているそうです。案外アナログな方法で撮影していることに驚かされます。

ストリートビューで見れるあんなところやこんなところ

ストリートビューは地上だけでなく、海底も見ることができます。

これも、データがある場所だけになりますが、珊瑚礁や熱帯魚がいる綺麗な海の中の景色を見て癒されるのも良いですね。

「グレートバリアリーフ」で検索してみましょう。

ストリートビューで見ることができる場所はどんどん増えていて、普通では絶対見れない場所も詳しく見ることができます。

その最たる場所が「国際宇宙ステーション」!

2017年に公開された「スペースビュー」。収録をしたGoogleの発想が凄いですね。

スマホのブラウザで下記のURLをクリックすると、Googleマップアプリから見ることができます。

国際宇宙ステーション

使えるツールであり、遊べるツールでもあるストリートビューを楽しもう

Googleマップのストリートビューは、日常生活の中で役に立つ機能であるのはもちろんのこと、異世界へ私たちを連れて行ってくれる胸躍るツールでもあります。

無料で手軽にできるバーチャルな旅をお楽しみください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました